haha! life

-母ライフ-全力で育児を楽しみたい日記

帝王切開後、傷がケロイドに!次の妊娠への影響は?

こんにちは。

今日は朝からコストコへ!

会員歴2年半、最近またコストコ熱が再燃しています。

テーマパーク的な感覚で楽しい〜。


その後公園で思いっきり遊ばせて、お弁当食べて帰ってきました!






私は2017年の10月に、娘を予定帝王切開で出産しました。


逆子が治らず帝王切開になる人の割合は2〜3%と聞いていたので、まさか自分が該当するとは思わず。


自然分娩への憧れとか、立ち会い出産もしたかったな…と今も未練が若干ありますが、無事に産まれてくれた事がなによりです。



二人目を授かる事が出来たら次も帝王切開になると思うので、帝王切開後の妊娠について調べてみました。




私の生んだ産院では、予定帝王切開にも関わらず、縦切りでした。


先生も何人もおり、地元で人気の大きいクリニックです。

帝王切開当日ギリギリまで横切りを希望しましたが、横切りのデメリットを説明され、縦に…。


今は傷が目立ちにくい横切りが多いと聞いていたので不安でしたが、なにより我が子の安全のため!!


産後聞いたところ、そのクリニックではほぼ全員、縦切りを勧められるそうです。



そして担当の先生は、縫合が丁寧で傷口が綺麗!と評判の(?)ベテラン先生でした。


が。


私はどうやら、ケロイド体質だったようです。



傷口の上半分はだいぶ色も薄くなり、目立たなくなっているのですが、下半分が小指の太さ程の盛り上がりになっており、赤黒い(;o;)


そして時々、猛烈にかゆい…!!!


見た目もちょっとショッキングだし
痒いのが本当に困るので、産後1年経った頃、皮膚科に行きました。



『完全にケロイドだね〜

治療法としては、強めのステロイド剤を局所的にだけれど半永久的に塗り続けて、皮膚を薄くしていくしかないかな』


と言われ、それは抵抗があったので諦めて帰宅。


薬を止めるとまた盛り上がってくるそうです。







で、その頃子宮ガン検診を受けたついでに、産婦人科で相談。


里帰り出産をしたので、手術した病院ではないのですが、

まず縦切りということに驚かれ。(緊急でしたか?と聞かれました)



ケロイドですね〜と。(知ってますショックです、って心の中でツッコミ)




でもなんと!




二人目を出産する時に、ケロイド部分を切り取って縫合する事ができるそうなんです!!!




その後、産後のケアを念入りにすれば、現在よりはかなり良い状態にすることができるだろう、とのお話!!!





希望が見えました!!




前回は帝王切開だとわかっていたにも関わらず、傷のケアをほぼ!何も!しなかったのです。


キズパワーパッドが良いとか骨盤ベルトで締めまくれ!とか色々情報はありましたが、
意見が様々なようだったのでまたゆっくり調べてまとめよう…)









そしてもう一つ気になっていたのが、

ケロイドでも次の妊娠までに1年あければOKなのか?


という点。




帝王切開で出産した人は、傷口付近の子宮が薄くなっていて、次回妊娠に耐えられず子宮破裂のリスクが高くなるため、次の妊娠まで1年は間を空けるようにと退院前に指示がありました。


病院によって期間は異なりますが、
概ね傷が完全に修復するのにかかる時間が1年くらい、と言われているそうなので、個人差があり、
1年空けなかったから絶対危険かと言われたらそうとも言い切れないし、
2年空けたら絶対安全かと言われたらそれもわからない、ってお話でした。



うーんこわいけど仕方ない。




で、私は傷口が赤黒く盛り上がってしまっていて、なんだか治っているように見えず不安だったので、

子宮ガン検診の際に院長先生に見てもらったわけですが、



ケロイドっていうのは外の皮膚の問題!

子宮の傷口の治りには関係ないから、心配しないで、通常通り1年空ければ大丈夫!


と言われ、ほっと一安心〜。






リスクのないお産なんてないし誰もが命がけですが

赤ちゃんに負担がなくて安全だと言われる帝王切開でもその後の妊娠には多少のリスクが上乗せされると知ることができて良かったです。